不要な癒しを求め続けていませんか?

こんにちは。
東京のインストラクター、てんこ です^^。

今日は、もしかしたら、不要な癒しを求め続けていませんか?
っていうお話です。

かなり長いですが、よろしければお付き合いください。

結論からいうと「癒し」って、ずっと必要なのか?
もしかしたら、もう要らないのに、
握ってしまってるかもよって話です。

すべてが受け入れられ、
赦し、赦される時は必然のように訪れ、
そして、一瞬で完了する。

っていう私の体験です。

先日、お仕事の関係でとある会に参加したのですが、
そこは、ホーリステックに、つまり、

※ ホリ スティック(全的)な健康観に立脚する人間を「体・心・気・霊性」等の有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的な健康観に立脚する。(NPO法人 日本ホリスティック医学協会)ってことなんですけど
そういう考えを持ってる人たちの集まり。でした。

そこで、出逢ったある方たちとの会話から、受け取ったことです。

メッセージの形でお届けします。

それは・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆・:,。*:..。o○☆

あの時の、あの言葉で、あの態度で、私は傷ついた・・
だから、私はこの性格、この生活、この人生なの・・・

この傷が癒えないと、私は前に進めない・・
この傷を癒さなければ・・・

そう感じてしまう、そう思い込んでしまうこともある。

けれど、私達って、何かを体験して、傷ついたとしても、

その傷を癒すためだけに、今を生きているわけじゃない。

親や兄弟にいろいろ思うことはあるかもしれない

家族になった意味も学びも勿論ある

だけど、一番大事なことは

アナタが この世界に生まれてきた、やってきたということ。

そもそも、この身体をもって、この世界にやってきたのには、

アナタが果たすべき目的があるのだから。

そのための命を授かった、それが一番、大切なこと。

アナタが生まれた目的を果たすこと

それが一番、大切なこと。

癒されることを求め続ける時

想いは、常に過去に向いている。

傷ついてしまった自分の過去に。

けれど、過去に生きるために、今のあなたがあるのではない。

今のアナタは本当は傷ついていないのに。

あなたの人生はすべて決まっている

実はもう決まっているとしたら?

もう決まっているから、何も努力しなくていいのか

というのはちょっと違うけど

決まっているとして、

起きるすべてのことに抗うことなく、

戦うことなく

一度、受け止めてみたら、どうだろうか?

本当に必要なものは残り、

不要なものは手放されていくのだから。

すべてを受け入れた時

アナタにとっての悲しい過去の思い、傷も、

流され、癒されてしまう。

それは交換条件があるけでも、謝罪があるわけでもないが

アナタは、

アナタを傷つけた全ての人を赦し

アナタが傷つけてしまった全ての人から赦される

とは言え、そもそも誰も傷つかないし、傷つけられてもないのだけれど・・・

そして
ここに今、生きていることへの、感謝の気持ちだけが残る

奇跡の連続とも言える日々があることに気づく

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆・:,。*:..。o○☆

 

 

私は特定の宗教は持ちませんが、ちょっと宗教チックに

「私たちは既に赦されているのだから、自分自身も赦せばいいのだ」

そんな思いが、さーっと心の中を通り抜けたような気がしました。

そして、この集まりの最後に、ある方とお話していたら

突然、数日前から、頭の中を巡っていた、亡き父へのあまり楽しくない思い出があっという間に昇華されて、

「そういうこともあったよね~」と、感情を揺さぶられることが消えてしまいました。

父の話をした訳ではないのに・・・。

なんだか、私にとっての癒しが完了しちゃったような、まるでセラピーのような時間を過ごしていた、とも言えますね。

癒された、という感覚はありませんでしたが。

 

 

この、プロセスを経て思ったのです。

癒す、を目的にしてしまうと、常に傷ついた心を探すことにならないのだろうか?

常に思考が過去に向いてしまわないだろうか? ってね。

もちろん、癒しが不要になることはないだろうし、必要でしょう。

特に、体に不調が起きていれば、なお必要だろうと思います。

だけど、それは、癒す、というよりも

病気に至った自分の心のプロセスを理解し、受け入れること、

病気になった自分の体を受け入れること

その2つが一番大事なんじゃやないかなと思います。

あ!、それが、(それも?)癒し なのかもしれませんね。

傷ついた心を、ヨシヨシ、いい子、いい子するだけが、癒しではないですね。

インナーボイスセラピーには、一応、

セラピーとして決まった型があることはあるのですが、とても自由です。
セラピストの裁量にまかされている部分が大きいので。

インナーチャイルドの癒しが有名というか、よくあるセッションのパターンなんですけど

インナーチャイルド = 常に傷ついた存在 という訳ではありません。

それは、インナーチャイルドのほんの一部分だと思います。

メッセージの中にある

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆・:,。*:..。o○☆

そもそも、この身体をもって、この世界にやってきたのには、

アナタが果たすべき目的があるのだから。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆・:,。*:..。o○☆

 

コレを見付けるためにインナーボイスセラピーは役立つだろうと思います。

そして、私は、役立てたいと思っています。

癒しが必要なくても
アナタの願う、アナタが満たされる未来が

何なのかを知っているのは アナタのインナーボイスだからです。

インナーボイスって、どうやって知るの?

それは、

自分のカラダに聴けばいいんです。

カラダは全てを知っています。

カラダに聴けば答えが分かります。

自分がわかります。

そして、未来が変わります。

 

Leave a Comment